探偵

探偵・興信所ランキング・旦那の浮気調査費用相談おすすめ

 

 

 

 

 

 

 

 

不倫調査はどこも似たようなものと思われるかもしれませんが、それにかかる費用は請け負う会社ごとに差があるのはご存知でしょうか。
安易に一社に絞り込まず、最低でも二社以上に見積り依頼しておく方が、料金だけでなく会社の雰囲気も分かって良いと思います。

 

 

 

それと、調査して欲しい相手の行きつけの店や交遊関係などを、探偵に可能な限り伝えることで、調査時間の短縮になる上、請求額も安くつくでしょうし、調査の出来不出来にも影響してきます。
もし配偶者が不倫している疑いがあり、初めて探偵業者を利用しようというときは、一律いくらとか安価なところは魅力的です。
ただ、理由もなく安い場合は用心したほうがいいです。経費を省くため、調査内容がいまいちという場合もあるので、調査を頼む際は、誠実な会社なのかどうかもチェックしておかなければいけません。最近はデジタル技術が発達したので、不倫の可能性がある人の現在位置をGPSを使ってかなりの精度で見つけることが可能になってきました。

 

 

 

調べたい相手にGPS搭載のスマホをプレゼントすれば、ほぼリアルタイムで位置情報を特定できてしまうのです。
別に違法というわけではないですし、独力で浮気を発見するにはこれを使ってみるのも手ですね。

 

探偵社を使い慣れている人はいないと思いますが、時には詐欺かと思うようなでたらめな業者も存在するので、安易に依頼せずにクチコミなどをみて検討し、信用度の高い業者を見つけるのが大事です。ところで、不倫調査を依頼しても、しっかりした証拠を得るには時間がかかることもあります。まともな業者なら目安となる期間やコストテーブルがありますので、納得いくまで説明を聞いてから契約を交わすと良いでしょう。公務員の夫は29歳。

 

 

私も29歳。7歳の男の子と5歳の娘がいます。
先月半ばに彼の職場不倫がわかり、双方の親も交えて話し合い、離婚することになりました。

 

 

まだまだ手のかかる年齢の子供を、今後は私がひとりで育てるわけです。
簡単なことではないでしょう。私の怒りや戸惑いは後回しにして、弁護士(裁判ではないですよ)を介し、不倫の当事者たちに慰謝料と養育費の請求を行い、安全のために公正証書を作成しました。

 

浮気の定義は、やはり人によって違ってきます。たとえ仕事上の付き合いでも女性と親しくしたら浮気だとか、身体的な接触が少しでもあれば浮気と言う人も、いないわけではないです。実際、浮気については現代の法律でも定義があって、性的行為があれば不貞行為になるものの、一般的には、浮気を連想させる行為やメール、SNS上のやりとりは慎むにこしたことはありません。
興信所や探偵選びで迷ったら、調査相手には行動範囲があるわけですから、地域周辺に限って、ウェブで検索してみると良いでしょう。
そこそこ絞り込みができたら、最寄りの営業所か代表電話に電話して、相談しましょう。
ひと括りに探偵といっても結局のところ話をしてみないと、探偵社の雰囲気すら判断がつかないですし、同時に疑問点も聞いてみると良いのです。調査会社に探偵を依頼する時に心配なのは、やはり支払い面でのことです。

 

 

費用は時給換算のように単純なものではなく、調査次第で変動してきます。
不倫の調査とかでしたら、1セット60分で作業するときの平均は、2万円台と考えておくとよいでしょう。
安ければいいというものでもないでしょうから、実際に電話で相談して価格を聞いてみるのが時間もかからず、気持ちも整理しやすいのでいいでしょう。名前の違いで悩む人がいるようですが、今の時代の興信所と探偵社の差は名前だけだと言えます。探偵業を営むという点で共通しています。

 

ですから、不倫の調査をしてもらう分には、同じと考えて問題はありませんから、自分が信頼できるところに依頼すれば良いのです。

 

 

 

ただ、ある程度、得意不得意なども会社によってそれぞれ微妙に異なるため、そのあたりはおさえてから契約したいものです。

 

探偵に浮気調査を頼むなんて、すぐ離婚するみたいに思われると心配する人もいるでしょう。

 

しかしそこまで重たく感じるより、気持ちの負担を軽くする程度に思ったほうが良いように思えます。もし離婚するにしても、不倫カップルを別れさせるにしても、浮気の証拠があれば何にしても有利であることは間違いありません。もちろん何もしないでいることも選択肢の一つではありますが、自分なりにケリをつけたいと感じたら、その道のプロ(探偵)に相談することを推奨します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

 

◎43年の調査実績・解決実績100,000件以上 探偵業界最大手の原一探偵事務所◎

 

 

 

「浮気調査」 「人探し」 「ストーカー対策」 「いじめ調査」 などを扱う総合探偵社

 

 

 

探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上
(10年以上のベテラン調査員が多数在籍)

 

 

 

東京都弁護士協同組合の特約店
(※法廷では法律に違反した証拠は証拠としてみなされません)

 

 

 

全国主要都市に18拠点の全国ネットワーク

 

 

本社・川越

 

 

札幌・仙台・水戸・高崎・千葉・大宮(埼玉)・日本橋・新宿 (東京)・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・岡山・松山・広島・福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.haraichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

 

 

 

 

初めての探偵探しに不安な方も匿名で費用見積もり

 

 

 

 

 

最初から探偵社・興信所への問い合わせに不安のある方へおすすめ

 

 

 

 

 

全国100社の興信所よりお悩みに合わせた探偵を紹介

 

 

 

 

 

他社のお見積もりより安い探偵を見つけるお手伝いも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気診断シミュレーター・匿名相談 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hello-tantei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社

 

 

 

 

 

 

ネットでできる・完全無料の浮気解決シュミレーターが好評のHAL探偵社

 

 

 

 

全国無料出張・即日対応も可能

 

 

 

 

 

 

業界初の完全成功報酬・後払い支払 (初期費用0円)

 

 

 

 

 

 

相談料0円・匿名OK

 

 

 

 

 

 

調査完了後最短3日で証拠資料のお渡しも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://hal-tanteisya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS

 

 

 

 

 

 

浮気調査・人探し・いじめ調査などを扱う総合探偵社TS

 

 

 

 

TSの強みは・・・・・・

 

 

 

 

 

◎24時間365日 無料相談・見積受付

 

 

 

 

 

◎北海道〜沖縄まで全国対応

 

 

 

 

 

◎安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能

 

 

 

 

 

 

◎法律専門家の起用・警察OBも在籍

 

 

 

 

 

 

夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所

 

 

 

 

 

 

◎全国対応可能

 

 

独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能

 

遠方にお住まいの方も対応可

 

 

 

 

◎相談だけでOK

 

 

 

 

◎現場で経験を積んだ調査員

 

対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び実践経験のあるスタッフ在住

 

探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキル・法律の知識にも精通

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

単純作業に思われがちな浮気の尾行というのは、探る相手が顔見知りですから、尾行発覚のリスクが高いだけでなく、自分か相手が激昂するといった不測の事態が起こる可能性も想定しておかなければいけません。

 

 

興信所の調査員に依頼すると、幅広い年齢層の調査員と、対象を警戒させずに不倫調査を行う技術があるので、顔見知りの素人がやるより安全かつ確実に浮気の裏付けがとれるのです。

 

 

里帰りや同窓会など、再会のシーズンは要注意。

 

不倫に走るきっかけになる危険性が高いです。

 

かつて好きだった人と気軽に喋れたり、同じ学校で席を並べていたという気易さから異性に対する警戒心が薄れ、距離が一気に縮まります。

 

同窓会出席を契機に、挙動が怪しいと感じるようなら、不倫の可能性も考えてみてもいいかもしれません。

 

 

全国展開している大手業者であっても、一番良いとは断言できないものの、規模の大きな興信所を選んだほうが後悔することが少ないと思います。

 

 

規模の小さな会社では、きちんとした探偵業務も行わずに代金を請求してきたり、別料金を含む料金体系が不明瞭な会社もあるそうです。

 

 

それとは別に、相談した際の職員の対応なども重要です。よく不毛だと言われる不倫ですが、結末も様々です。

 

 

配偶者や職場に浮気がバレた挙句、離婚されたり、慰謝料や養育費の支払いで再婚もままならない場合もあるわけです。

 

倫理面はさておき不倫の当事者同士で再婚するパターンもあります。

 

 

やっとの思いでゴタゴタを片付けても、めでたしめでたしと言えるエンディングは、期待するだけ無駄です。探偵業者に依頼する際に無視してはならないのは、料金でしょう。

 

調査によって代金の相場はないわけではありませんが、依頼の詳細によって差が生じるのは致し方ないことでしょう。

 

 

 

素行関連の調査などの場合、とくに浮気なら、1セット60分で作業するときの平均は、3万円以下、2万円以上です。相場を知ったところで結局はオーダーメイドですから、こればかりは専門業者に直接聞いてみるのが時間もかからず、気持ちも整理しやすいのでいいでしょう。
自分と調査相手の情報を伝えなければ、探偵に不倫調査をやってもらうことはできませんから、少しでも良い会社を探したいと思うのは当然です。

 

 

安いアルバイト調査員がいるところなどに依頼したら、調査能力はおろかプロ意識もイマイチで満足のいく結果が出なかったり、金銭トラブルに発展することがあります。後悔しないために、利用者のクチコミ等をチェックして誠実そうなところを選ぶことです。

 

 

 

もし不倫をしているなら、相手の妻が慰謝料の請求を内容証明郵便で送ってくることは浮気の場合、当然ありえることです。気になるのがその金額ですが、あちらが離婚しないか、したかによって相応の差が出てきます。

 

 

 

離婚に至っていないにもかかわらず多額の慰謝料を請求してきたときは、すぐ返事をせず、弁護士に相談するようにしましょう。
興信所を選ぶ際の指標となる探偵能力というのは、企業としての大きさが一応の目安にはなると思います。

 

広いエリアで加盟会社や協力会社を持つ大手の探偵社なら、新しい機材の検証や、それによる調査方法の見直しなどに取り組んでいて、時代の移り変わりに合わせた改善を繰り返しています。大手業者は仕事の品質を維持向上させるため、調査にあたるスタッフの育成に時間と費用を充分にかけていて、そうしたところが調査報告書に反映されてきます。
別に不倫の調査なんてする必要がないのではと思われるかもしれません。けれども不倫というのは家庭の根幹を揺るがす問題で、仕事場はオバさんばっかりと本人が言っていたとしても、用心すべきです。

 

 

 

普段会わない女性のほうが新鮮味を感じますし、浮気に発展しやすいのです。
疑わしい様子なら、不倫の調査に詳しい探偵業者に依頼すれば、いたずらに心配せずに済み、一人で抱え込んでつらい思いをすることもなくなるのです。私は31歳の自営業者です。2年前に結婚した同い年の妻がいますが、子供はまだいません。
私にとっては青天の霹靂ですが、一昨日、むこうの不倫が判明しました。指摘された妻のほうは逆ギレで、翌朝から今までほとんど喋りもしない生活になってしまいました。これでは夫婦の意味がないですよね。
彼女が浮気したり罵倒してくるなんて、考えもしませんでした。
謝罪がなければ、はっきりと手を打たせてもらいましょう。

 

探偵調査業を始めようと思うなら、特殊な免許資格は要りません。そのかわり、探偵業の適正化のために作られたいわゆる「探偵業法」によって、少なくとも探偵業を始める前日までに、営業所の管轄となる警察署経由で、探偵業開始届出書と添付書類(誓約書も含む)を公安委員会に提出した後、「探偵業届出証明書」の発行を受けて、許可を受けることが不可欠です。これがないか見せるのを渋るようなら怪しい業者ということです。

 

 

浮気に依存しやすい人というのは、ウツの症状を持っている場合が多いです。その大きな要因は、やはり精神的なストレスでしょう。どちらかが結婚していたり、あるいは両方が既婚で家庭があったりすると、喜びもある一方で不倫の徒労感や不信感などを抱きやすくなるのは当然で、その結果、症状として出てくるのです。

 

 

そして、裏切られた配偶者もまた、ウツになりやすいと言えるでしょう。
よその女性に浮気されたら嫌ですから、私が心がけていることは、相手の言動を否定しないこと。
要望やお願いはいっぱいありますが、絶対言ったらダメという一線は超えないようにしていますし、家の収支に問題があれば相手にアドバイスを請う形にしています。男性の自尊心を優先し、服装や美容にも気配りを忘れずに、いわゆる女子力を常にブラッシュアップしておけば、夫婦円満で不倫もないと考えています。配偶者が不倫していたことが原因で当事者同士ではどうにも離婚の折り合いがつかず、ついに家庭裁判所のお世話になるケースもあります。家事調停委員が加わり、話し合いが行われるため、どちらかが怖がったり渋ったりしている場合でも円滑で現実的な話し合いになるというメリットがあります。前の日はよく眠り、気楽に行くことです。

 

テレビでは見るものの、実際に探偵を利用したことのある人は少ないはず。

 

不倫調査を頼みたいと思っても、依頼先選びに苦慮するのは一般的なのではないでしょうか。
探偵業務を行う事業所は、公安委員会への届出が不可欠です。申請が認可されると認可番号が交付されます。
きちんとした業者かどうかは、この番号で分かるというものです。

 

 

 

少なくとも会社のサイトや広告等に番号を明記しているかどうかは確認しておかなければいけません。パートナーの浮気や素行調査を探偵に頼むときは、交際関係や立ち寄り先など細かいことでも伝えておくと、調査しやすく費用も抑えられます。何もかも調査員にやらせようとすると、浮気の確証を得るまでに余計に時間だけでなく費用もかかり、効率が悪いのです。側にいるからこそ気付くことは多々あるでしょうし、記録やリサーチにいそしむと良い結果が出やすいでしょう。探偵社への支払いは現金だけしか受け付けないということはありません。

 

比較的大規模な探偵社の場合はクレジットカードでの決済に対応しています。
クレカの利用明細の表記で探偵だと分からないようにしている業者も少なくないですから、調査をしたことがパートナーに気付かれる恐れもありません。クレジットカード加盟店になるには審査も必要ですし、信頼度のちょっとした目安にもなると思いますよ。

 

探偵業者の選定には誰しも迷うと思います。調査相手には行動範囲があるわけですから、どの地域なのかを中心に、ネットで調べてみれば一目瞭然です。
さらにクチコミや規模などで選定し、最寄りの営業所か代表電話に電話して、調査してほしいことを伝えてみると良いでしょう。

 

 

現場の人と話をしてみないことには、誠実そうな会社かどうかも知りようがないですから、心配なら2社以上にかけてみれば良いのです。

 

 

どこからどこまでが浮気扱いになるのかというと、その人の倫理観によっても違うでしょう。
たとえば、自分以外の異性を誉めたり、手をつないだり腰に腕を回すなどの接触を浮気したと言って怒る人もいます。実際、浮気については現代の法律でも定義があって、性的行為があれば精神的にはどうであれ不貞となるのですが、一般的には、いかにも浮気ととられかねない行動はするべきではないです。

 

私も会社に所属する探偵として長年やってきましたが、最も依頼が多いのが不倫調査です。
しっかりした裏付けを得るにはそれなりのワザとカンを必要です。

 

 

 

ドラマのような展開はないですが突発的事由も多いですから、速やかに対処する判断力も大事です。
なにより、対象人物に浮気調査がバレてしまうことが問題で、クライアントの利益を損なうことに繋がるため、徹底的に注意を重ねるのが探偵としての常識なのです。
探偵と便利屋って探したり尾行するだけなら一緒じゃないの?と言われてしまいました。

 

 

答えはノー。

 

 

 

両者には大きな隔たりがあることにお気づきでしょうか。

 

 

 

個人でも会社でも便利屋をするには届けが要らないのに、探偵業を始める際は、探偵業法に定められている通り公安委員会に誓約書や身分を明らかにする書類と共に開業届を出し、正式な認可を受けるまでは開業できません。

 

 

 

こうした手続きを踏んで、高度で専門的な仕事と個人情報を扱うのが探偵業です。

 

 

色々見ていくと、浮気相手と別れた理由で一番多いのは、当然かもしれませんが、配偶者への暴露です。
とはいえ、自分で浮気の証拠を見つけるのは難しく、気分的にも良いものではありません。
結局のところ、その道のプロである探偵に浮気調査を任せることにすれば、安全かつ堅実でしょう。

 

しかし、浮気の気配を感じ取るまでは、やはり自分以外にその役目を果たすものはありません。

 

 

 

不倫の慰謝料請求には期限があります。誰と不倫していたかがわかってから3年以内か、でなければ不倫行為から20年と規定されており、それ以後は時効です。時効が迫っているときは裁判に訴えることで、この3年ないし20年という時間をいったんゼロに戻すことができるのです。期限まで間がないときは、裁判で時効を利用させないことも選択肢に入れてみましょう。社内恋愛が多いせいか社内不倫も少なくありません。しかし、もしバレても、不倫はプライベートな行為のため、セクハラでもないかぎり解雇することはできません。

 

 

ただし、採用時の契約書や就業規則の記載にある、勤務場所内の風紀や秩序を乱す行為というものに相当すれば懲戒もありえますが、実際の例を見る限りでは、上司からの訓告程度で、処罰といえるようなものはなしで曖昧に済まされることが多いです。

 

 

 

やはり不倫の証拠写真というと、浮気相手と共にホテルに入るところなどは定番中の定番といえます。

 

 

 

個人でも良い機材があれば撮影できるかもしれませんが、証拠としては使えないレベルであることが少なくありません。
裁判や慰謝料請求などで使えるレベルの写真を撮影しようと思ったら、探偵業者を利用するほうが確実だと思います。探偵社の数は多いですが、どれでも良いわけではありません。

 

あらかじめクチコミ等を調べておくことが必要不可欠ではないでしょうか。

 

評価が芳しくない探偵では、契約時の説明と全然違う代金を請求してきたり、ずさんなバイト仕事で済ませている例もあります。

 

 

 

定評のある会社を選べば、割高な請求の心配もないです。肝心の浮気調査の裏付けなども、きちんと行なってくれるでしょう。どういうわけか男性は浮気するものと捉えられがちです。
でも、女性だって浮気するじゃありませんか。女性だって子供の送り迎えやスポーツジム、パート先など、人と会う機会は多く、浮気がバレてみれば双方既婚者というのも多いように、既婚云々は関係なしに浮気はしてしまうみたいです。

 

 

 

最近は、妻の不倫というのが右肩上がりに増えていますし、男性が興信所に浮気調査を依頼するケースが珍しくもなくなってきました。浮気されたことによって心に傷を負った人の心理カウンセリングを行う機関があります。
プロのアドバイスを受けつつ、心の傷を癒し、前進していけるのです。信頼していた相手に裏切られたことで離婚しても異性に距離を置くようになったり、将来に対して消極的に考えてしまうという例も多いです。

 

 

 

もし離婚せず、夫婦関係の修復をはかる際も、カウンセリングは相談はもちろん緩衝材としても良い効果を発揮します。まだ別れると決まったわけではないのだから浮気調査はどうかと迷う気持ちは、分からなくもありません。ただ、この調査の時点では敢えて難しく考える必要は実際のところ、ないと思います。
不倫相手と別れさせるとか、離婚するとか、どちらにしても、浮気の証拠があれば何にしても有利なのは確かです。

 

 

興味がなかったり直視する気がなければ、それはそれでいいのかもしれませんが、何らかのかたちで決着をつけたいと思ったら、探偵業者に調査を依頼する価値はあるでしょう。
ダブル不倫の場合、交際解消の一因となるのは、実親や配偶者に妊娠を望まれたからというのが少なくありません。
自分とのことを考えてくれている人に対し、申し訳ないという気持ちが生じたり、不倫相手も家庭があるのだと思うと、ふいに愛想がつきるということもあるようです。また、転勤やパートの時間変更などで上手く時間がとれなくなると、以前からの罪悪感もあって、精算したいという気持ちになるようです。